ポーランド食器・ポーリッシュポタリーのお店|ポーリッシュブルー(ポリブル)

ポーランド食器・ポーリッシュポタリーのお店・ポーリッシュブルー

ポーランド食器の製造工程

ボレスワビエツ周辺から採掘された良質の陶土は水と混ぜられ、陶器の縮みを最小限にとどめるよう開発された特殊な型に注がれ、その後、自然乾燥させます。


乾燥後、一つ一つスポンジで表面を磨いていきます。また、マグカップやポットの取っ手なども特殊な粘土で取り付けられます。


素焼きの準備が整った陶器たちは、約800度の温度で焼き上げられます。


焼きあがった陶器は室温でゆっくり温度を下げ、その後模様付けに入ります。スタンプや筆を使って絵柄を描いていきます。薄いパープルで描かれた模様は、本焼き後シレジアンブルー(藍色)に変化します。「ポーリッシュ マジック!」


絵柄が完全に乾いたところで、釉薬(鉛、カドミウムを含まない長石からできている)にすばやく、しかもたっぷりとどぶ漬けします。その後しっかりと乾燥させた後、約1300度の高温で本焼きします。


こうして焼きあがった陶器は、耐久性の高い日常使いにぴったりの食器として世界中の人々に愛されています。